トップページ

「東京ベンチャー企業選手権大会2021」のファイナル12社が決定!来る12月16日にファイナル選考を開催します!

この度、「東京からユニコーン企業を創出する」をスローガンに、東京都後援のもと「東京ベンチャー企業選手権大会2021(以下、「ベンチャー選手権」)」を開催いたします。100社以上のベンチャー企業からエントリーがあり、書類審査、二次審査を経て、ファイナリスト「12社」の企業がこの度確定いたしました。来る12月16日にファイナル選考を行い、最優秀賞、優秀賞にはそれぞれ「東京都知事賞」「産業労働局長賞」が授与されます。

2021年12月2日
東京ユニコーンプロジェクト運営委員会事務局

1 日 時  2021年12月16日(木)14:00 ~ 17:30(受付13:30)

2 会 場  TUNNEL TOKYO
(東京都品川区西品川1-1-1 住友不動産大崎ガーデンタワー9階)

3 当日タイムスケジュール
13:30~13:35 受付、開場
14:00~14:20 オープニング/開会式
14:30~15:30 ファイナリストピッチ 第1ターム(6社)
15:50~16:50 ファイナリストピッチ 第2ターム(6社)
17:10~17:30 表彰式/閉会式

4 観覧、取材について
・報道関係者(取材)
1社あたり1名までお申込み可能(参加費無料)
・一般観覧
お申込者の中から先着で30名まで参加可能(参加費2,000円/1名)
※ネットワークビジネス等目的の方はお断りする可能性がございます

5 お申込方法
参加申込みフォームにて必要事項を記入の上、お申込みください。
https://forms.gle/YZniEL9BtCXGRv5K8
※お申込期限:12月14日(火)23:59

6 当日受付場所
住友不動産大崎ガーデンタワー1階受付
※スタッフが会場の9階までご案内いたします。

7 その他
・受付・入場は、原則「13:30のみ」です(途中の入退場はできません)。
・当日の様子をSNS等で発信することはお控えください。
・駐車場はご用意がございません
・(取材の方へ)参加者及び関係者への個別取材は、本人の了承を得た上で行ってください。

■主催
東京ユニコーンプロジェクト運営委員会

■運営委員会構成企業
株式会社きらぼし銀行/株式会社日本経済社/株式会社プロネクサス/有限会社ロッキングホース

■後援
東京都/内閣府知的財産戦略推進事務局/東京都中小企業振興公社

■協賛企業
株式会社きらぼし銀行/株式会社日本経済社/株式会社プロネクサス

■開催趣旨・目的
「東京都からユニコーン企業を輩出する」というコンセプトのもと、GAFA(ガーファ:Google/Amazon/Facebook/Apple)に続くメガベンチャー企業、将来のユニコーン企業を東京から輩出するためのイベント

■公式サイト
https://venture-championship.tokyo/

■公式Facebookページ
https://www.facebook.com/tokyoventurechampionship

【ファイナリスト12社紹介】

・株式会社HIROTSUバイオサイエンス
https://hbio.jp/
必要なのはたった一滴の尿 生物の驚異的な能力でがんの早期発見を目指す

・株式会社UPBOND
https://www.upbond.io/
CIAM/CRMで新しい時代の顧客体験を創造

・株式会社ZenmuTech
https://www.zenmutech.com/
世界初日本発のテクノロジーで、「情報の安全」を当たり前と感じる社会を実現

・GVA TECH株式会社
https://gvatech.co.jp/
行政DXの第一歩は法人変更登記から

・株式会社エイシング
https://aising.jp/
独自のエッジAI技術で品質コスト削減による超高効率化社会を実現

・株式会社Creator’s NEXT
https://cnxt.jp/
Googleを超えた自動運転時代のAIセキュリティー

・株式会社トヨコー
https://www.toyokoh.com/
世界最高出力6kWのレーザーで橋梁等のさびを除去するCoolLaser

・株式会社Liquid Mine
http://www.liquidmine.co.jp/
白血病の再発を早期に発見するモニタリング検査

・吉積ホールディングス株式会社
https://www.yoshidumi.com/
Google Cloud 活用ビジネス領域で世界ナンバーワンを目指すプロ集団

・株式会社Arent
https://arent3d.com/
高度な数学力と開発力で高難度のDXに挑み、巨大産業にグローバルイノベーションを

・Varinos株式会社
https://varinos.com/
日本発「子宮内フローラ検査」により不妊・少子化の社会課題に挑戦

・PJP Eye 株式会社
https://pjpeye.tokyo/
持続可能なエネルギーを世界に届ける

【過去最優秀賞企業からのメッセージ】

・2019年最優秀賞
ヒューマンライフコード株式会社
代表取締役社長 原田 雅充 様
https://www.humanlifecord.com/

決勝戦では蒼々たるスタートアップの顔ぶれの中、領域は違えど、世のため人のためとの熱量と誠は共通したものを感じ、大変良い刺激を頂きました。
創業して2年半が経過した2019年11月、へその緒に豊富に含まれる免疫調整細胞を医療用に利活用すべく、法的な壁を乗り越え、患者さんに臨床応用され始めた時期でした。その後の飛躍的な事業展開に大きな弾みを頂きました。

・2020年最優秀賞
株式会社OUI/慶應義塾大学医学部眼科学教室
代表取締役 清水 映輔 様
https://ouiinc.jp/

私達は慶應大学発ベンチャーで、スマホアタッチメント型医療機器のSmart Eye Cameraの展開を行なっています。ベンチャー選手権では優秀なベンチャーの方々が勢ぞろいで、まさか最優秀賞に選ばれるとは思っていませんでした!全社、ユニコーンの可能性がある素晴しい企業だと思います!ベンチャー選手権優勝して、多数のメディアからお声がけをいただき、広報戦略を考えはじめるようになりました!今後もご縁を活かし、コロナに負けずに頑張ろうと思います!